社内で気になる人 連絡先の聞き方 聞くより渡す

社内で気になる人の連絡先の聞き方とは!?「聞くより渡す方が確実!女性から男性」

スポンサーリンク

 社内で気になる人がいて、連絡先を交換したいって思うことってあると思います。
 でも、周囲の目が気になる職場で、なかなか異性に言い出すことができないのが実情だと思います。
 たとえば、上司や部下の関係、同僚の関係であったとしたら、会話をする機会は結構あるとおもいます。
 しかし、社内恋愛において、異性の電話番号を聞くというのは、やはり周囲の視線も気になります。
 「断られたらどうしよう?社内できまづくなるのは嫌だなぁ。」
 という心理も意識的又は無意識にかはわかりませんが、働いているものだと思います。
 こちらが連絡先を渡そうと決意したちょうどいいタイミングに、2人になれること自体があまりないのかもしれません。
 あれば、運命かと思います。
 そうかといって、一瞬で連絡先を渡してしまおうとも思っても、連絡をもらえるかも不安になると思います。

スポンサーリンク

 できれば少しでも早く距離を縮めたいという気持ちはよくわかります。
 そのような方のために、大勢の人がいる中で、周囲の目を気にせずに意中の彼の連絡先を聞き出す、とっておきの方法があります。
 それは、彼に「相談に乗ってもらう」ことを理由にすることです。
 「仕事についていろいろとアドバイスがほしいので、連絡先を教えてもらえませんか?」
 こういってしまえば、私的なことではなく公的な用事に見えます。周囲に少し怪しまれるかもしれませんが、それでも周囲の眼はそれほど違和感はないでしょう。
 また、男性は女性よりも頼られることがうれしいという男性心理があります。
 ですから、快く教えてくれる方がほとんどだと思います。
 悩んだら一度試してみてください。男性から女性にもまともに連絡先を聞くよりかは効果的だと思います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加