社内恋愛の同棲〜彼氏と結婚できず別れて同性解消したら秘密・内緒にしてても意外とばれてる・住所・交通費・住民票等の会社への報告・職場恋愛〜

スポンサーリンク

 社内恋愛だって、恋愛です。
 お付き合いが深くなれば、結婚前に生活を共にしてみる・・・そう、同棲だってありえるのではないでしょうか。
 ただ、社内恋愛で同棲は、くれぐれも慎重に。
 何故かというと、そのままゴールイン前提での同棲ならば問題ありませんが、そこまで話が進んでいない場合、最悪の場合お別れということもありえますよね。
 その場合、社内に「同棲→破局」という噂が流れること、必須です。
 別にどうということはないわ、悪いことをしているわけでなし。という方もいるかと思いますが、そのような噂はなかなか消えず、次の恋愛に影響してくる場合も少なくありません。
 じゃあ、黙っていればいいのではないか。いちいち周囲へ報告する義務もないし。

スポンサーリンク

 確かにその通りです。ただ、引越しに伴い住所変更の届けなどをする中で、黙っていたとしてもこれは少なからず発覚してしまうでしょう。
 確かに人事担当の人間は、口の堅さを求められますが・・・。
 個人情報とはいえ、どこでもれるか。
 絶対にもれないという保障はありません。
 お客様のことならばともかく、社内の人の事情というものは、陰ながら回るもの。
 かといって、住所を移さないでおけるというよほど特殊な環境で無い限り、届出をしないでおける環境というものはほぼありえません。
 定期代の請求ひとつとっても、住所を正しく報告する必要があります。
 虚偽の申請がばれた場合、無傷で許されるほど、どこの会社も甘いはずはありません。
 社内恋愛の場合は、同棲も慎重にする必要がありそうです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加