社内恋愛 女性から食事に誘う 男性の誘い方

社内恋愛で女性から食事に誘うための男性の誘い方

スポンサーリンク

 社内で気になる人ができて、それなりに社内での会話もするようになったとします。
 すると、ほとんどの人がもっとお互いの距離を縮めて行きたいと考えるのではないでしょうか。
 そのためには、食事に誘うということが一番手っ取り早く、多くの人が選択すると思います。
 社内を離れますので、人目を気にせず、お互いのことを理解するいいチャンスだといえます。
 しかし、ここで問題があります。
 女性から食事に誘うことが、男性にどう受け止められるのかが気になると思います。
 社内恋愛では男性がリードするものと思いがちですが、どちらがリードするかということは、実はそれほど重要なことではありません。
 そんな細かいところにこだわってしまって、受身になってしまうと社内恋愛が上手く行かないままに終わってしまうでしょう。
 社内恋愛にこれといった決まりはありません。
 女性が男性を誘いたいと思ったのであれば、女性からどんどん声をかけてみましょう。

スポンサーリンク

 実際に、女性から食事に誘われて、嫌な気分になる男性は少ないと思います。
 ここで、一つ気を付けることは、男性のふところも考えてあげることです。
 男性は二人きりで食事に行くと、お会計を支払うことを気にしてしまいます。それもあって、女性を誘いにくいと感じる男性もいます。
 最初は、気取ったお店よりも、割り勘を提案しやすいような気さくなお店を提案するなどしてあげることです。
 そうすることで、男性からの好感度も上がることでしょう。
 そして、食事に誘うときに、気をつけなければならないのは周囲の目です。
 食事に行くだけということで、悪いことをしているわけではないので、周囲の眼など気にせず、堂々としていればいいというのももっともな意見です。
 しかし、二人の仲が決定的になる前は、ある程度人目を気にするということも社内恋愛では大切です。それは、相手の立場もあるからです。
 相手の気持ちも考えて、なるべくさりげない形で、食事に誘うのも社内でのひとつのマナーです。
 男性に夢中になりすぎて、相手の男性に迷惑をかけないよう、気をつけることが社内恋愛を成功させるための秘訣なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加