社内恋愛 仕事中 好きな人に 態度

社内恋愛で仕事中に好きな人に対してとるべき意外な態度とは!?【男性女性共通】

スポンサーリンク

 社内で気になる人ができたとき、又は社内恋愛が始まったときは、気をつけなくてはいけないところがたくさんあります。
 たくさんある注意点でも、一番大きな注意点はこの恋愛が「社内恋愛」だということです。
 「そのままではないですか?」
 と思われる方のために、もう少し説明します。
 学生時代のサークルような場所で、好きな人ができて交際が始まったりするということと、大人が社内恋愛することとは意味合いが違うということです。
 具体的には、「これくらい大目に見てくれるでしょう。」という甘えた考え方は捨てたほうがいいということです。
 例えば、「私語」です。
 好きな相手とは、いつも近くにいたいし、話したいし、触れ合いたいと思うものでしょう。
 誰でも、その気持ちはとてもよく分かります。
 しかし、仕事中にいつも好きな相手と私語をしていると、
 「こいつは、仕事をしに来ているのか、遊びに来ているのか、何のつもりだ?」
 と周囲に不信感を抱かれてしまいます。

スポンサーリンク

 そのように思われてしまっては、社会人として失格です。
 職場は飽くまで仕事をする場所です。
 自分の社内恋愛を優先したい気持ちをぐっとこらえましょう。
 また、交際している・交際していないに関係なく、社内での行動は社内での評価に繋がることも忘れてはいけません。
 あなたの評価だけでなく、社内恋愛の相手の評価にも影響を与えるということを忘れないようにしましょう。
 好きな人に迷惑をかけてまで、自分の気持ちを優先するかどうか、そもそも職場がどういう場所かを大人の常識で考えればどうすべきかは分かるはずです。
 飽くまで社内は公の場です。
 なるべく個人的感情はしまっておくことをお勧めします。
 「やましいことは何もしていない!」とオープンにしたい気持ちはわかります。
 しかし、そのようなことでつまらない嫉妬や憶測を招くことは、社内恋愛でも得をすることはないでしょう。
 仕事中は仕事へ集中しましょう!!そうすることで、社内恋愛の相手にあなたの良いところを見てもらうチャンスです!
 仕事も社内恋愛も頑張りましょう☆

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加