社内恋愛 気になる人に近づけないとき 行動や態度できっかけをつくる アプローチ方法

社内恋愛で気になる人に近づけないときは行動や態度できっかけをつくる意外なアプローチ方法とは!?

スポンサーリンク

 社内で気になる人ができたのに、気になる人になかなか近づけない!?
 近づくきっかけが見つからない!?

 

 そのような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?
 そのように悩む前に、まずは自分が置かれている状況を整理してみましょう。

 

 気になる人との距離はどの程度あるのかどうか!?
 仕事での接点はあるのかどうか!?

 

 仕事での接点があるのなら、なにかしらで近づく口実は見つかるはずですよね。
 あとは、あなたがそのチャンスをどう活かすかにかかってきます。

 

 ちゃんすがあるかといって、焦りは禁物です。
 焦ると相手にがっついているような印象を与えてしまいます。

 

 一度目に濃密な接触をするより、自然な関わりを繰り返すことで、自然な関係の深まりになります。

 

 しかし、仕事で関わりもなくて、仲良くなるきっかけがどうしても見つからない人の場合はどのようにしたらいいでしょうか?

スポンサーリンク

 このような場合、どうしても一度の出会いを強く印象付けたいと思うものですが、そのような気持ちは捨てましょう。
 あくまで自然な出会いを目指すべきです。
 先ほども説明したとおり、一度目に濃密な接触をするより、あっさりとした関わりを何度も重ねる方が、自然な関係の深まりになります。

 

 社内の人なのですから、挨拶をすることは不自然ではありませんよね。
 まずは、会話を交わすよりも、あいさつをして顔馴染みになるチャンスを作りましょう。
 顔馴染みになってしまえばしめたものです。
 気になる相手から話しかけてくれることもあるでしょう。

 

 気になる相手が話しかけてくれなければ、こちらから話しかけてみればいいのです。
 例えば、『どちらの部署なのですか?』『お席はどのあたりなんですか?自分のところは、空調がなかなかきついんですが、そちらはいかがですか?』など
 そんな感じで、知っているようなことでもあえて、当たり障りのないことから会話を始めましょう。
長く会話することは目指さなくて良いのです。まずは『顔を合わせたら会話ができる』状態を目指していきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加