社内恋愛 勘違い 男性心理

社内恋愛で勘違いしないためには男性心理を知ること!!

スポンサーリンク

 社内恋愛で勘違いしないためには男性心理を知ることです。

 

 恋愛にも色々なタイプがありますが、一番難しいのが社内恋愛と言われています。
 どうして、社内恋愛が難しいのかというと、意外なことに毎日会社で顔を合わせていることが原因の一つです。
 毎日顔を合わせることで、相手の気持ちが仕事上のものなのか個人的なものなのか、逆にわかりにくくなってしまうからです。
 つまり、社内恋愛で相手のことを好きになってもアプローチの仕方に困ってしまうのです。
 例えば、ラブレターを送った場合に相手が自分に興味がないことを知ってしまえば、会社で仕事がやりづらくなります。
 相手の気持ちを勘違いしていると、このようなケースが起こりえます。
 社内恋愛の場合は相手の気持ちが明確に分かるまでアプローチしにくいのです。
 では、どのようにすれば、相手の気持ちを確かめられるのでしょか??
 それは意外なことに、相手が会社という組織から離れたときなのです。
 例えば、たまたま帰りが一緒になるときがあったとします。
 そのようなときは、最寄りの駅まで2人きりになれるチャンスがあります。
 そのときに、好意のサインを出すのです。

スポンサーリンク

 好意のサインの出し方はさりげなくする方がいいでしょう。
 例えば、前に行ったラーメン屋がおいしかったというような何気ない話題をふればいいのです。
 もし、彼もあなたに気があるのであれば、「今度、そのお店一緒に行こう!!」と言ってくるはずです。
 そういった反応がなければ、あなたに気がないということになるでしょう。
 注意点として、このような会話は絶対に社内ではしない方がいいでしょう。
 同僚の目があるところでは、男性心理的に無関心を装うしかないからです。
 男性は弱みを見せたくないという男性心理が常に働きます。
 ですから、同僚のいるところでは気のある仕草をすることはほとんどありません。
 また、やっかいなことに好きであれば好きであるほど、素っ気なくしてしまうのが男性心理です。
 その男性心理を理解しておかないと、なにかと勘違いしてしまいがちです。
 2人きりになれるチャンスを作り出すことが、相手の気持ちを確かめるためには必要なのです。
 ときには、男性の方からわざわざチャンスを作ってくることがあります。
 そのチャンスがあれば逃さないようにしましょう!!

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加